REGISTERED PATENT ATTORNEYS CORPORATION

外国出願

外国特許出願

弊所の外国特許出願サービスの特徴

日本から外国に出願する手続としては、パリルートによる出願手続とPCTルートによる出願手続に分けられ、それぞれメリットとデメリットがあります。

国内から外国への特許出願を行う際には、各国特許法の幅広い知識や種々の期限管理の知識が重要となります。また、その際、外国からの問い合わせに対して迅速且つ的確に回答する必要があり、高い英語力を有志、各国法を十分理解している必要があります。

アクシス国際特許業務法人では、このように国によって異なる特許制度に習熟し、高い専門性と経験値を生かした適切な出願から権利取得等までの幅広いサービスをご提供しております。

外国意匠出願

弊所の外国意匠出願サービスの特徴

外国へ意匠出願を行う場合は、現在のところ、欧州以外では(欧州には共同体意匠制度があります)、各国ごとに出願する必要があります。
外国へ出願するに際しては、日本の意匠法で十分に保護されるものであっても、国によっては同様の効果が得られない等、意匠制度は国によって大きく異なる場合があります。

アクシス国際特許業務法人では、このように国によって異なる意匠制度や得られる効果を考慮し、高い専門性と経験値を生かした適切な出願方法から権利取得等までの幅広いサービスをご提供しております。

外国商標出願

弊所の外国商標出願サービスの特徴

外国へ商標出願を行う場合は、各国ごとに出願する方法(パリルート出願)、及び、マドリッド協定議定書(マドリッドプロトコル)による商標の国際登録出願を行う方法(マドプロルート出願)があります。特に後者のマドプロルート出願によれば、単一の登録が複数の国で有効になることから、権利化を望む国が複数である場合の有効な制度となっております。

しかしながら、この便利なマドプロルート出願にもいくつかの注意すべき点があり、そのような注意を怠ればせっかくの国際出願が無駄になってしまうおそれがあります。 また、商標制度も外国では日本で得られた効果が十分得られない場合があり、事前に検討しておくべき点が多く存在します。

アクシス国際特許業務法人では、このような国際出願において注意すべき点、国によって異なる商標制度や得られる効果を考慮し、高い専門性と経験値を生かした適切な出願方法から権利取得等までの幅広いサービスをご提供しております。