REGISTERED PATENT ATTORNEYS CORPORATION

特許・実用新案

特許出願

発明相談、出願手続き

お客様のご要望に基づき、経験豊かな弁理士が、発明の発掘、発明のポイントの整理、出願戦略の構築等について対応いたします。

有機・無機化学、薬学・バイオ、機械・メカトロ、電気・電子、システム・制御、通信情報等の各専門分野を持つ弁理士を豊富に擁し、幅広い技術分野に対応しております。

お客様との綿密なコミュニケーションを通じて得た情報に基づき、費用対効果が高くなるように、単なる手続の代行ではない付加価値の高い、ハイクオリティなサービスを提供させていただきます。

特許法の改正や審査基準の変更は頻繁に行われますが、常に弁理士を中心にその改正内容を研究し、重要な点は特に実務にいかに反映させるべきかを詳細に研究しております。

さらに、判例の研究やより良い技術の修得のための所内勉強会を定期的に開催しており、スタッフのスキルアップを恒常的に図っております。

中間処理

拒絶理由通知に対する意見書、手続補正書等の作成及び提出、拒絶査定不服審判、特許無効審判等の各種審判の請求

アクシス国際特許業務法人では、全ての基本となる特許等明細書作成の段階から、種々の拒絶理由に関する特許庁の審査を意識しております。

中間処理においては、拒絶理由、及び、その妥当性を的確に判断し、続いて特許出願に係る発明と、引用文献に記載の発明との詳細な対比・検討を行い、明細書に記載の実施例レベルの発明はもちろんのこと、拒絶理由の回避が可能な全ての技術に関する発明について特許権を取得できるような対応を行っております。

鑑定・侵害対応・その他、特許法務関連

鑑定書の作成、侵害事件対応、その他、特許法務関連(職務発明、ライセンス契約等)

事業活動の優位性を築くための知的財産の有効活用を求める動きが活発化している中で、特許の有効性、抵触の有無は、事業戦略上、重要性を増しております。

また、知的財産に関する紛争が増加しており、特許権の侵害事件への対応が事業活動を左右するより大きな要因となっております。

しかしながら、これらの判断及び対応は、非常に専門的であり、高度な知識と経験が求められております。 アクシス国際特許業務法人では、高い専門性と経験値を生かした鑑定書作成などのサービスをご提供しております。また、知的財産権に精通した法律事務所と緊密な提携関係を築いており、侵害事件には、弁護士及び弁理士が協力し、迅速かつ適切な対応が可能です。

さらに、アクシス国際特許業務法人では、職務発明規定の作成、ライセンス契約等のサポート等、幅広い分野での特許法務に関連するサービスをご提供しております。