商標

知財実務支援
商標

商標の流れ(出願~登録料納付)

商標登録出願

商標(実務支援)「事前相談~商標出願」

■事前相談

商標には、商品に付けるトレードマーク(TM)とサービス業等の役務に付けるサービスマーク(SM)があり、典型的にはブランド名の文字商標とブランドロゴの図形商標があります。

商標登録制度は企業のブランド戦略の成果物を保護するものですから、これを上手く使わずしてブランド戦略の成功はあり得ないのではないでしょうか。

 

近年、商標法の改正により、動き・ホログラム・音・色彩・位置・香り のような新しいタイプの商標が続々と登録できるようになりました。その結果なのか2010年は年間約11万件であった商標出願件数が、2017年以降は年間約19万件と、およそ2倍に増加しています。そのうち、外国人の出願が約20%超を占めています。

 

商標は、ネーミングやマークの形・色も重要ですが、出願のスピードもそれ以上に重要なのです。折角、出願した商標が、昨日誰かが出願していたという事にもなりかねません。

 

私達は、商標登録に要する時間と費用の無駄を極力排除して、効率的に商標を取得できるよう「スマート商標®」というサービスを提供しています。相談料や事前調査費用は無料で、全額返金保証も付いています。

 

なお、スマート商標サービスの魅力は、安さだけではありません。お客様のブランド戦略を支える強力な武器として活用できる質の高さも高評価を頂いている大きな魅力です。

 

■出願手続き支援

お客様のご要望に基づき、経験豊かな弁理士が、どのような商標をどのような商品・サービスに用いるべきか等について、そのポイントを整理し、お客様のブランド戦略に資する出願戦略の構築等について支援いたします。

 

ネット社会が定着し、SNSが日常化した今、ブランド戦略は益々その重要性を増しています。商標を考える上で大切なことは、実は「登録できるか否か」でなはなく、商標出願の上流に位置するブランド戦略との整合であると考えます。(私たちが考えるブランド戦略はコチラをご参照ください。)

「ブランド戦略を理解し、現行の商標登録制度で何ができるか?」これが私たちに求められる「これからの商標弁理士」であると考えます。

 

私達は、お客様の商品やサービスを守り、育てるために、出願時から戦略面をも考慮したご提案とご支援をいたします。

商標(実務支援)「中間処理(特許庁とのやり取り)」

■拒絶理由通知に対する意見書、手続補正書等の作成及び提出支援

私達は、目まぐるしく改正される商標法に素早く適応できるよう情報の収集と研究に日々努めています。新しく商標として登録することが出来るようになった香りや音、位置やホログラム、色彩や動き等、特許庁でもまだ審査経験の浅い商標の拒絶理由に対しても、それがどの様な理由であれ、迷うことなく的確に対応できるようしっかりと準備しています。

 

商標出願の拒絶理由に対する基本的な対応は、その理由の妥当性の判断、そして、引用商標との類否判断がベースになります。これらの判断において、私達が常に意識していることは、商標の審査基準は勿論のこと、お客様が提供される商品やサービスの魅力をユーザに正しく伝えること、そして、ブランド戦略の強力な武器として、その力を損なうことなく機能できるように細心の注意を払って拒絶理由に反論し、強い商標権を取得することです。

 

私達は、豊富な知識と経験でお客様にご満足いただけるよう全力で支援いたします。

 

■拒絶査定不服審判、異議申し立て、無更審判、取消審判等の請求支援

これらは、拒絶査定に納得できない場合、他社の登録商標が邪魔な場合、もしくは、他社から自社商標に対して異議申し立てを受けた場合、係争中の他社の商標を無効化したい場合、使用されていない商標を取り消したい場合等、お客様の事業を阻害する要因を排除するためのご支援です。

 

これらのケースに対して、私達は、各ケースの要因を分析して、お客様のご意向を最大限に反映できる解決策をご提案します。ご了解が得られたら、お客様に最善の結果をご提供できるよう最後まで支援いたします。

 

私達は、豊富な経験とノウハウを持ったプロフェッショナル集団です。

商標(実務支援)「鑑定、侵害事件、その他、商標法務関連支援」

■鑑定書の作成支援
■侵害事件の解決支援
■その他、商標法務関連(ライセンス契約等)支援

事業活動の優位性を築くための知的財産の有効活用を求める動きが活発化している中で、商標権の有効性、抵触の有無は、事業戦略上、重要性を増しております。

 

また、知的財産に関する紛争が増加しており、商標権の侵害事件への対応が事業活動を左右するより大きな要因となっております。 しかしながら、これらの判断及び対応は、非常に専門的であり、高度な知識と経験が求められております。

 

私達は、高い専門性と経験値を生かした鑑定書作成などのサービスをご提供しております。また、知的財産権に精通した法律事務所と緊密な提携関係を築いており、侵害事件には、弁護士及び弁理士が協力し、迅速かつ適切な対応が可能です。さらに、ライセンス契約や商標にかかわる社内既定の整備等、幅広い分野で商標法務に関連するサービスをご提供しております。

注目すべき最近の法改正情報