NEWS

特許情報プラットフォームの機能改善について(2024年2月26日)[特許庁]

特許庁では、ユーザーニーズを踏まえつつ、特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)の機能改善に取り組んでおります。このたび、さらなる利便性向上のため、一部の機能が改善されます。

  • 商標検索及び審決検索における人名検索を、完全一致検索から部分一致検索に変更します。
  • 特許・実用新案検索、意匠検索、商標検索及び審決検索において、入力した検索条件を5件まで保存できるようになります。また、必要に応じてCSV形式での検索条件のインポート・エクスポートが可能になります。
  • 文献固定アドレスのランダム値部分をなくし簡素化(アドレスを短縮)します。なお、本機能リリース後も従前の文献固定アドレスは利用可能です。
  • 経過情報の「分割出願情報」タブに、特許・実用新案の公開系公報の番号が追加されます。