弁護士事務所

アクシスパートナーズ
弁護士事務所

弁護士事務所

弁護士・弁理士

如月 千晴

Chiharu KISARAGI

2009年07月 (中国上海) 復旦大学環境科学学部卒業
2012年03月 東京大学大学院新領域創成科学研究科・環境システム学専攻 修士課程修了
(研究テーマ:ディーゼル車排気ガス成分の分析)
2012年04月 株式会社ブリヂストン入社(2016年4月まで)〜知的財産部でゴム組成物、スチール補強材等の出願業務に従事
2015年11月 弁理士試験合格
2016年06月 アクシス国際特許業務法人入所・弁理士登録〜国内外の特許出願業務等に従事
2017年11月 司法試験予備試験合格
2018年09月 司法試験合格/11月 司法研修所入所
2020年01月 第一東京弁護士会登録(72期)

 

専門:化学、材料、機械、商標

 

少子高齢化と市場のグローバル化を背景に、企業が継続・発展を図るためには、製品・サービスの競争力強化と市場のグローバル展開が必要と考えられます。

製品・サービスの競争力を強化するためには、素晴らしい製品・サービスを世の中に送り出すだけでなく、それを支える技術や、そのブランド価値を保護する商標など、他社との差別化を確実にする知的財産権の保護を図り、活用する必要があります。知的財産の紛争に関して、理系出身で弁護士が、御社の技術を正確に理解、評価し、それに基づき、法律の専門家としてのアドバイスを提供いたします。

そして、米国、中国、欧州などの市場でグローバル展開を図る際、現地のマーケティングが必要なのはもちろん、現地の法制度、知的財産権のクリアランスについても、国ごとに検討する必要があります。如月弁護士は中国語と英語に精通するので、中国語特許の中身が分からない、競合他社の米国特許のクレーム範囲の解釈が難しいなど、純粋な技術のご相談でも、ご用命をお待ちしております。

さらに、知的財産のみならず、企業活動の中では様々な法的支援が必要だと考えられます。例えば、独占禁止法、PL法、景品表示法に関する問題、海外企業の日本法人の立ち上げ、取引先との契約交渉など、多岐にわたりますが、弊所にご相談いただければ、最適案の検討に尽力いたします。

「アクシスパートナーズ」は、アクシス国際特許業務法人の登録商標です。